男子9人制バレーボール総合WEBサイト  Exciting Volleyball 9

 

 

第65回国民体育大会(千葉国体)

9人制ラスト国体

 成年男女9人制バレーボール競技 優勝チーム

男子:大阪府(住友電工)

女子:兵庫県(富士通テン)

今年の千葉国体を最後に、成年男女9人制バレーボール競技が廃止されましたが、当サイトは国民体育大会の9人制競技廃止を断固として反対しています。 早急な9人制競技の復活を求めます!

 

第65回国民体育大会(ゆめ半島千葉国体2010)成年男女9人制バレーボール競技代表チーム一覧

開催県

 千葉県(千葉選抜)

 千葉県(千葉選抜)

北海道ブロック

 北海道(江別市役所)

 北海道(千歳かれん)

東北ブロック

 宮城県(東北リコー)

 宮城県(東北福祉大クラブ)

関東ブロック

 東京都(横河電機)

 群馬県(群馬銀行)

北信越ブロック

 新潟県(新潟選抜)

 長野県(セイコーエプソン)

東海ブロック

 静岡県(群雄会)

 岐阜県(イビデン)

近畿ブロック

 大阪府(住友電工)

 兵庫県(富士通テン)

中国ブロック

 山口県(日立笠戸)

 広島県(マツダ)

四国ブロック

 愛媛県(東レ愛媛)

 愛媛県(松山青雲ジュピター)

九州・沖縄ブロック

 沖縄県(中部徳洲会病院)

 佐賀県(佐賀エレクトロニックス)

 

 青字  :男子

 ピンク字:女子

男子結果

女子結果

 

【コラム】

 ついに国体という晴れ舞台から9人制バレー競技が姿を消しました。

 国体改革の一環といえば聞こえは良いが、その理由は「国際競技に繋がらない」という事が最大の理由のようです。

 確かに9人制に国際大会は無いが、韓国・台湾・中国などアジアではルールこそ若干違うが9人制バレーが存在するといわれます。

 例年12月に実業団バレー連盟主催で開催されている「櫻田記念実業団選抜大会」では“日韓交流大会”として、1チームではありますが韓国

 の9人制チームを招待しており、日本からは櫻田記念で優勝したチームを男女1年交代で韓国の大会に派遣するという取り組みを行っています。

 ここで日本体育協会の『国民体育大会開催基準要項』の抜粋をご覧ください。

 

 国民体育大会開催基準要項(http://www.japan-sports.or.jp/kokutai/pdf/kitei21.pdf)
 1 総 則
   国民体育大会(以下「大会」という。)を開催し、運営するためにこの基準要項を定める。
 2 目 的
   大会は、広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの振興と

   地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにしようとするものである。
 3 性 格
   大会は、国民の各層を対象とする体育・スポーツの祭典である。

 

 どこにも国際スポーツに関する記述がありません。

 むしろ“国民の健康増進と体力向上”、“地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与”、“国民生活を明るく豊かにする”という、非常に

 明確な目的が謳われています。

 ところが、日本体育協会(以下、日体協)の9人制バレーに対する考え方は『国民体育大会開催基準要項』に相反しています。

 生涯スポーツの代表格として家庭婦人を底辺として競技人口が最も多く盛んに行われている9人制バレーを排除しました。国際競技ではないと

 理由が故にです。

 未だに9人制バレーが日の目を浴びる事が無いのは、興行的にメリットの多い6人制ばかり宣伝され“9人制=家庭婦人”のイメージばかりが

 先行し、社会人における9人制バレーが行われている事さえ周知されない事実があります。

 これについて一部の6人制の競技者は“9人制バレー=レベルが低い”という誤解まで与えてしまっています。

 これは、国体から9人制廃止の代案として6人制廃止を唱えた日本バレーボール協会(以下、JVA)の責任も大きいと考えます。

 バブルが弾ける以前は実業団に関して言えば9人制バレーの世界は“大きな就職口”でもありました。

 しかし近年の不景気、特にリーマンショック以降は非常に厳しい環境に置かれました。

 スポンサー離れに端を発したと思われる“個人登録問題”の実施を機会に、全国から登録チームが減ったという話を聞いています。

 過去バレーボールは国民的人気スポーツでしたので、国体から競技が減らされる事など誰も考えていませんでした。

 しかし最近はサッカーやバスケットに人気を奪われており、一概に責める事は出来ませんがJVAがもっと早い対応を取っていれば、或いは

 この様な事態を防ぐ事が出来たかもしれません。

 不景気による税収不足から各都道府県における国体開催の経費負担は計り知れないものがあるのも判りますが、やり方など幾らでも有る筈です。

 我々は結果としてJVA無くして正式な大会には出場できませんが、JVAも競技団体、選手がいるからこそ成り立っている事を忘れないで下さい。

 

 ビーチバレーを正式競技に格上げするなど色気を出さずに、9人制バレーの早期復活に向けて日体協への働き掛けをお願いしたい!

 9人制競技者がお金を出して登録しているのは全日本チームの強化目的ではなく、我々自身が好きなバレーをする為に泣く泣く出費しているのです。

 日体協もどうか柔軟な姿勢を打ち出し、早期の9人制復活に向けて対応をお願いします。

 

 9人制を愛する人たちの声をお聞きください。

 

 ◆Togetter(http://togetter.com/li/56586)

  9人制バレーボールを語る・国体9人制バレー廃止について考える